E)心は鏡

心を鏡に譬えてみる。
鏡には、鏡面以外に、枠と裏面があるように、自我意識を枠、顕在領域を鏡面、潜在領域を裏面に譬えてイメージする。

枠は、自然宇宙の根源エネルギーである創造性・意志性・生命性に繋がる霊意識に支えられている。我々の心に神が宿るという意味は、このことである。枠は、鏡面に映るものを意識することができる。それらを思考・想像し、取捨選択し、それらに対し行動を起こすこともできる。即ち、意思決定の力を持っている。

鏡面には、体を含めた物質的な外部環境(この世)からの刺激・感覚が引き金となってあの世からやって来るものと、この世からの刺激・感覚がなくとも、枠が思考・想像するだけであの世からやって来るものとが映し出される。場合によっては、ぼんやりしている時に、あの世から一方的にやって来るものが映し出されることもある。あの世からやって来るものとは、この世の概念設計図である原型由来のもの、この世の事象に絡めて具現化した法則・感情・論理・概念・イメージ・記憶などのことだ。しかし、これらの中には、微妙な感覚や本能のような感情も含まれていて、鏡面には現れずに裏面だけを通過し、後述する紐付け等によって、反射的に予め決まっている反応・作用を引き起こすタイプもある。一方、訓練された枠は、その意識の光を当てることで、これら鏡の裏面を通過するものの多くを鏡面に引き出す力も合わせ持っている。

裏面の仕組みを、「紐付け」という譬えで、表現してみよう。この世からの刺激・感覚が起点となるもの、そうでないものも含めて、あの世からやって来るものの一部は、鏡面に映し出されないまま、裏面に既設されているルートに沿って、予め決まっているこの世での反応・作用を反射的に引き起こす。この仕組みが「紐付け」である。あの世からやって来る紐付けされたものには、大きく分けて、先天的にルートが備わっているもの(例えば、本能)と、後天的にルートが作られるもの(例えば、個人的な嗜好癖)の二つのタイプがある。
「紐付け」の副ルートについても触れておこう。枠が思考・想像する際にも裏面を通ってあの世に到達する。この思考・想像も、この世からの刺激・感覚を起点とするものとそうでないものとがあるが、いずれのケースでも、裏面に既設されている紐付けられたルートを通っていくものがあるということだ。「誰々さんとの議論では、思考がお決まりの感情に反射的に向かって歪んでいく癖がある」とか、「想像が直ぐ夢想になって、いつの間にか、いつものイメージに行き着く」などの事例を想起すれば、思考・想像を含めた意識のあの世での行き先が、ものによっては、予め紐付けされているということが理解できる。
最後に、「紐付け」は、悪いものばかりではないということも言っておこう。我々にとって、快いもの、必要不可欠なもの、進化に必要なものも含まれている。

上記から分かることは、裏面にあの世の悪の概念とそれを支える感情からの太い取り込みルートが既設されている鏡は、略、反射的に、この世で悪行を為すということだ。だが、この悪も外部から来るものであることをはっきりと認識する必要がある。従って、このような鏡でも、その時・その場の状況によっては、善行を為すこともあり得るのである。

一方、「紐付け」は、基本的には、鏡面に映し出されることはない。しかし、前述の通り、枠の訓練によって、或る程度は、映し出すことも可能である。鏡面に映し出されないものを見ることができるようになれば、その鏡は、その「紐付け」を、枠によって、コントロールできる。

裏面が見えるようになれば、意味や価値を心にもたらすものは、或る種の感情であることがはっきり理解できる。美しい花を見て、心が歓喜するのに、一切の理屈は要らない。そのような「紐付け」が、裏面に出来上がっているということなのだ。

裏面が全く見えずに本能的な情動に対し完全に無意識であれば、動物と変わりはない。「自分は自由に生きている」と思っているが、実は、本能という「紐付け」の奴隷になっているだけだ。

この仮説を真理とするならば、「罪を憎んで人を憎まず」という言葉の意味も分かって来る。なぜなら、罪は、鏡の外からやって来るからである。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

*

次のHTML タグと属性が使えます: <a href="" title=""> <abbr title=""> <acronym title=""> <b> <blockquote cite=""> <cite> <code> <del datetime=""> <em> <i> <q cite=""> <strike> <strong>