カマキリ

或る日の夕暮れ時、帰宅を急ぎ愛車に乗り込んだ。シートベルトをつかむため、少し右を向く。あれ?窓に大きな緑色の動くものが!! なんとカマキリである。どうしてこんな所にいるんだ?車に乗り込む時に、なぜ気付かなかったのだろう。

人は、見ている積りでも、意外と見ていないものです。「見ようという意識」が働いていない時には、こんなにも無防備なのです。

 

カマキリ” への1件のコメント

  1. 娘に初めて子供ができた時のことです。それまで見たことのなかった妊婦さんが街中あちこちで歩いているのが見えるようになりました。人間の目とはそういうものですね。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

*

次のHTML タグと属性が使えます: <a href="" title=""> <abbr title=""> <acronym title=""> <b> <blockquote cite=""> <cite> <code> <del datetime=""> <em> <i> <q cite=""> <strike> <strong>