これからの住宅について思うこと №3

 これからの私が考える住まいについて書いてみます。
最近の気候は、温暖化の影響か雨が降れば大雨になり、台風・低気圧も発達するように思います。
住宅も夏涼しく、冬暖かい住まいが理想です。
窓を小さく機械で空調管理すれば簡単ですが、自然に近い環境下での快適でエコな住居が理想です。

 夏の蒸し暑さは、日差しは庇等で遮断し、蒸し暑さは部屋の通気・換気を良くし、部屋の仕上げ等も調湿効果のある素材を使って防ぎます。
蒸し暑い外で、木陰に入るととても涼しく感じる感覚です。
 冬の寒さは、ここ房総は水道が凍るような寒さはあまりないのですが、それでも朝晩は冷えます。
24時間暖房するようなことはないですが、暖房機は必要です。
家は外の熱を取り入れ、逃がさないことが大切です。窓からの熱損失が一番大きいので、窓を小さくすれば簡単ですが、田舎暮らしの家では快適な住まいにはならないと思います。
昼間の太陽の熱を効率よく室内に入れ、その熱損失を少なくすることが必要です。
暖房機もよく使う暖房として、温水式の床暖房・薪ストーブを使うお施主様が増えてきました。
温水床暖房は新築時に設置する必要があります。
薪ストーブは、薪が確保出来ればとてもエコな暖房だと思います。

 もう一つ房総での家作りに考慮しなければいけないのは、特に海岸に近い場所は、冬の西風と塩害には注意が必要ということです。
しかし房総は海のおかげで、夏涼しく冬暖かい気候になっています。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

*

次のHTML タグと属性が使えます: <a href="" title=""> <abbr title=""> <acronym title=""> <b> <blockquote cite=""> <cite> <code> <del datetime=""> <em> <i> <q cite=""> <strike> <strong>